きりのいいもの

商品やサービスを題材に、ちょっとしたエッセイや雑記っぽいものを書きます

今度のすっぴんはマスカラの残りが付いています

11月のクレジット代がエラく痛手になったため、今月は金欠です。

だいたいいつも金欠なのですが今度はガチで外出自粛をしなければならないくらいのもので、その場合の土日は概ね副業に回されます。(これもいつものパターン)

 

何が一番腹立つって、「待ってました!」と言わんばかりに次々と日用品が底をつき始めるんですよね。

今月はクレンジングと化粧水(オードムーゲ)が無くなりました。

 

 

…ということで、昨日ドラッグストアでそれらを買いました。

以前の記事でも書きましたが、クレンジングに関しては水で洗うタイプのものであれば特にこだわっていないので基本見切り品コーナーにあればそれを買って使うことが多いです。ですがそれはあくまで通常値段から何割引きになるからお得になるだけであって、予算が組まれている場合は効力を成さないわけです。

そのため、今回は化粧品売場にあるクレンジングオイルを買いました。

(念のため一応見切り品コーナーも見ましたがそこにはありませんでした)

 

一人暮らし時代、光熱費をかけたくなかったがために極力ガスや灯油は使わないようにしていました。今でも帰宅して湯船に浸からないときは冷水で洗顔しています。

しかしながら、冬場の水は馬鹿みたいに冷たいもので想像以上に手がしんどくなります。母方の伯父は毎日冷水で顔や手を洗った結果、指の関節が大変なことになりました。毎日ではないにしろ、私も冷水洗顔し続けていたらそうなってしまうのでしょうか?

一時期セレブが冷水洗顔を推奨していたくらいなのでお肌にはそれなりに良いのでしょうが、どうせ洗うのであれば気持ちよく洗いたいものです。

 

 

水洗顔をやってみた結果、クレンジングでメイク汚れを浮かせたとしてもちゃんと落としきることができませんでした。

そのため現在のすっぴんはマスカラの一部がしっかりと残っています。

それはもうひじきのように。まばたきするたびにマスカラのまつ毛が視界に映るから気になってしゃーないったらありゃしない。

 

今まで使ってきたクレンジングが(見切り品コーナーから買っていたとはいえ)強かったのかもしれませんが、オイルタイプってポイントメイクをしっかり落としてくれるイメージだったのでまさかこうなるとは思わなかったのが本音です。

「お宅の水温が低すぎるのよ…」と言われればそれまでですが、たかが洗顔でボイラー付けるのはもったいない気がしますしもうちょっと頑張れば落ちそうな感じもあるんですよね。でも、手と顔がとにかくしんどかったのは確かでした。

 

今のマスカラってお湯で簡単に取れるタイプが多いらしいんですが、あいにく私が使っているのはウォータープルーフタイプ。お湯では簡単に落ちません。

クレンジングでメイクを浮かせてお湯で落とせばなんとかなるんでしょうか?それともいっそのこと温感クレンジングに走ってみるとか?要するにあっつくすればいいんでしょう?(などと)

 

どうでもいいですけど温感クレンジングを使って冷水洗顔すればどうなるんでしょうね。誰か実践してみてください。