きりのいいもの

口コミを中心に書きます

母の日は結局なにもしなかった

とあるSNSを見て、昨日は母の日ということを初めて知った。

今年も私は何もしなかった。

 

私の家族は祝い事に対してかなりドライになっている。

子供の頃はさすがに誕生日にプレゼントとかケーキとかを用意してくれたけど、高校生あたりからそういうのをしなくなった。

大学時代は友達が誕生日をお祝いしてくれたけど、プレゼントというプレゼントは一番好きなスーパードライと古着屋で買ってくれたショートブーツくらい。

彼氏へのプレゼントでさえも、決まった日に贈った試しもなければ丁度良いタイミングで来たこともない。

 

もし私が母に「なにか欲しいものある?」と聞いたらば、母は迷いなく「お金!」と言うだろう。

それは私だってほしい。だから最近ロト7を買っているんだろうが。

 

 

生花を贈るだけでも心が華やかになるという話を良く聞くが、花を生けるのが面倒くさくなる。

私も母も生け花を嗜んでいた時期があるのにこのざまである。たまにやると面白いんだけどね。習慣付けたくないだけなのだ。

 

 

他人にあげるプレゼントはそれなりに気を遣うからか良い物を選ぶ風潮がある。

だが近くにいる身内に対しては「どうでもいい」という作用が働くのか、それともごちそうを食べるなら私も食べたいと欲が働くのかは知らないが、家族の祝い事=プレゼントという方程式は成立しなくてもいいんじゃないかなと私は思う。

だって、誕生日の際に物を寄越してくれなかったのにLINEで「おめでとう」と形式だけ祝う人の元で育てられたのだから、普段通りに世間話をするだけでも十分楽しい時間に感じられるのだ。

 

しかしながら、正直に言うと…特に予告もなく欲しかった物や美味しそうな物をくれると素直に嬉しい。

 

これが人間の性である(´・ω・`)

 

というかください(´・ω・`)

カーテンを新しくしたくって

私は今、シルク100%のカーテンを探している。

事の発端は音響エンジニアさんのnoteを読んだのだが、Twitterで少しやり取りをさせていただき、「天然素材を使用したカーテン・絨毯」がいいということを教えていただいた。

 

せっかくなので、エンジニアさんがシルクを使って音を良くするあれこれをまとめてくれていたので、このブログでも紹介しようと思う。

 

ameblo.jp

ameblo.jp

 

最初は「なんだ意外と安いじゃん!」と高を括っていた。

だが、そうじゃなかった。

 

シルクのカーテンが…売っていない。殆どポリエステルばっかりなのだ。

 

試しに、はてブロのAmazon商品検索で「シルク カーテン」と検索してみると…

 

ポリエステルとシルクを混ぜたものや、

「シルク」とキーワードを設定しているのにポリエステル100%が出てきたり、

挙句の果てにはシルク風サテン生地(なお素材はポリエステル)が出てきたりと、とにかくシルク100%のカーテンがない!

 

筆者の方に言われるまで、「シルク カーテン」で出てきたものは必ずしもシルクを使っているとは限らないことに気づいていなかった。

そりゃそうだ。4000円弱でシルクカーテンが買えるわけがない。そのくらい、めちゃくちゃ高い代物なのだ。

試しにシルク生地をAmazonで見てみたが、一枚の布の値段がポリエステルカーテンセットと同じということに驚愕している。

なんと3999円。ここまで来るとカーテンを自作したほうがいいんじゃないかとさえ思ってしまったが、ちょうどミシンが壊れている。 

 

逆をいえば、そこまでしないといい音は出ないということでもある。

実際、ナレーター界隈のとある先輩が宅録は非常にお金がかかる」と口酸っぱく言っていた。

これに関しては私もそうだと思う。音にこだわればこだわるほど、防音や機材をバージョンアップすべきという考えがよぎる。

技術面でもそう。私の場合、Adobe Auditionを使っているからそれなりのノイズ処理はできるんだけど、音を整える代償で声の鮮度が削られる。だが、その方法しか知らないし、私が今相手をしているクライアントも音のプロではないから特段気に留めることもないのだ。

 

しかしながら、オーディションには落ちている。どんなに読みの技術が良くても録った音が取り扱いやすいかどうかで決まるんじゃないかとさえ思った。

そういう意味でも「研鑽」しなければならない。

 

ちなみに…悪くいうつもりはまったくないんだけど、宅録技術を上げるためにやっていることはほぼ課金に等しいのである。

それくらいシビアで、己の技術のみだとどうしても限界を迎えるのだということで、今回は締めようと思う。

労働へのドロップダウンからの夢へのドロップイン

お題「#新生活が捗る逸品」

 

4月末を持って、在宅ワーク業務委託契約が終了しました。

何があったのかはここでは敢えて言いません。某所にて思いの丈を綴っているのでそちらをご覧ください。

 

最終出勤日が終わったのは28日。29日からGWなのでそこから完全フリーになりました。

ただ、今年に関して言えば、私の中のGWは5月いっぱいなので6月には新しい本業に切り替えたいところです。

 

ナレーターの業務委託案件が決まり、先日オンラインにてナレーター研修を受講しました。

西日本にある制作会社なのですが、そこでの教えが私の中でめちゃくちゃ良い糧となりました。

 

本来、アナウンスというのは感情を押し殺して文章を有声化します。

しかし、人の心を動かす伝え方は「感情」が最も大きな鍵となるのだそうです。

感情を込めることは心を込めること。それを徹底すると息づかいに表れます。

 

先生から「毎日ジェスチャーと表情を付けて発声練習をしなさい」と課せられたので、さっきルーティンを終えたばかりなのですが…これがまた難しいし身体の力が入ってしまいます。

ですが、発声練習をしていて、身体全体で伝えることはできないんだなとひしひしと感じるようになりました。

だからジェスチャーと表情なんですね。

 

ナレーターで採用された以上、自分が持っているスキルレベルでは音声を納品したとしても選ばれないかもしれない…

現にオーディションは落ちまくっている…クラウドワークスで安い仕事しかできないのは絶対に訳があるんだと思いました。

それに気づけたことがレッスンを受けた一番の収穫となりました。

 

それと同時に!

毎日のルーティンとプラスして、アナウンス理論を徹底的に叩き込まなきゃいけない時期に来ていると位置づけて以下の書籍を購入しました。

 

NHK日本語発音アクセント新辞典

NHK日本語発音アクセント新辞典

  • 作者: 
  • 発売日: 2016/05/24
  • メディア: 単行本
 

声のプロは必ず持っているやつ。

お恥ずかしながら、私は持っていませんでした…

一部あやふやなアクセントがあるので矯正したいです。

日本語の発声レッスン(一般)

日本語の発声レッスン(一般)

  • 作者:川和 孝
  • 発売日: 1998/06/10
  • メディア: 単行本
 

こちらは先生が推奨してくれたノウハウ本。

「アナウンサーの教科書」と位置づけられているそうです。

 

ナレーター2年目は技術のグレードアップに励みたい!

朗読検定も同時進行なので、必然的にそうなっちゃいました。

前に話したことを覚えていた奇跡

このブログを始めた頃に、お米についての記事を書きました。

 

kirinoiimono.hatenablog.com

 

基本ブログを書いたらTwitterに垂れ流ししているのですが、本日Twitterでとあるナレーター仲間さんから「まっしぐら食べました!」と報告してくださりました。

 

 

Amazonにあるのはこういうパッケージのやつしかないのかそうか…

 

私がよく見るまっしぐらは…

 

f:id:tensyorinne:20210428193821j:plain

 

これです。

 

そういや、10月に書いた記事にリアクションしてくださって(リンク先から買ってくれないかなという浅はかな期待を抱いて)話題提供したんだったってことを思い出しました。

 

まっしぐらというお米は従来米よりも若干粒が大きめでふわふわした食感なのだそうです。

食べ慣れた私でも「ふわふわ」を感じたことがなかった()

あと味がさっぱりしています。和食に良く合います。

ふわふわならおにぎりに最適だと思ったので「おにぎりに最適ですね」と送ったら、今度試してみるそうです。

具材は鮭を推したいところ。さっぱり風味のお米にしょっぱさがどのように絡んでくるのか気になります。

 

ちなみに我が家ではここ半年ずーっとつがるロマン。

夕飯食べてて「なんだかやたら柔らかいなぁ」と思っていたら、柔らかさがデフォでした。

 

やっぱこれもパッケージ違う…

 

私が見慣れているのはこれ!

 

f:id:tensyorinne:20210428194925j:plain

 

赤毛のまる子ヘアーの性別が分からない件について。

のど飴選びは意外と大切

のど飴といえば龍角散が最強と思っていた私。

土曜日はのどがヒリヒリしたので龍角散龍角散のど飴、のどスプレー、うがい薬でなんとかごまかしながらナレーションしていました。

 

【第3類医薬品】龍角散 90g

【第3類医薬品】龍角散 90g

  • 発売日: 2009/04/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

【第3類医薬品】ストナのどスプレー 25mL

【第3類医薬品】ストナのどスプレー 25mL

  • 発売日: 2012/08/28
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

【第3類医薬品】浅田飴AZうがい薬 100mL

【第3類医薬品】浅田飴AZうがい薬 100mL

  • 発売日: 2007/09/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

百日咳をやってから、のど関係の外用薬はアズレンスルホン酸ナトリウムを主成分とした物を選ぶようになりました。

この成分は、喉の炎症を抑える効果があります。

のどぬーるの主成分は「ポビドンヨードヨウ素)」なので殺菌効果が高いですが、粘膜が傷つきやすくなります。

 

先日、愛用の龍角散のど飴がなくなったので近所のドラッグストアに行ったら、「ボイスケアのど飴」なるものが置いていました。

 

カンロ ボイスケア のど飴 70g

カンロ ボイスケア のど飴 70g

  • メディア: 食品&飲料
 

 

こののど飴、国立音楽大学と共同開発したそうで、声のプロがめちゃくちゃ愛用しているすんごい代物。

存在自体は知っていましたが、龍角散派ということもあり、なかなか試す機会がありませんでした。

 

いざ食べてみると…めちゃくちゃ食べやすい!

枇杷の甘みが独特の味を緩和してくれて、爽やかな味わいになっています。

 

喉を超回復してくれるだけでなく免疫力を高めてくれる神成分・プロポリスを配合しているこののど飴。

どこかしら身体の調子が崩れると喉に来てしまう私にとっては、とても嬉しい商品です。

プロポリス単体だとアホみたいに高くつくので、手軽に補給できるのも良いですね。

 

 

カンロののど飴にはマヌカハニーシリーズ」もあります。

喉とかそんなんどうでもいいから免疫力を高めたい!!と考えている方は、こちらを試してみてはいかがでしょうか?

 

カンロ 健康のど飴たたかうマヌカハニー 80g×6袋

カンロ 健康のど飴たたかうマヌカハニー 80g×6袋

  • 発売日: 2017/09/18
  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

今の私に足りないのはプロポリスだったのですね…!

崎陽軒の焼売苦手な人っているんだ

仕事を終えてリビングに下がったら母が帰ってきていたので、ちょっと団らん。

どっかから得た情報(おそらくネットかテレビ)で「はんぺんとカニカマで焼売作ると美味いらしい」と言っていた。

 

 

 

最初聞いた時は、まぁはんぺんもカニカマも美味しいからそりゃ美味いやろなぁというお気持ちでしかなかった。

どうせデリッシュキッチンとかでありそうだなぁと思ってググってみたら案の定あって。

 

www.kurashiru.com

 

母が想像している焼売ではなかったが、多分そういう感じのやつなのだろう。

クックパッドにも似たようなレシピがあったので、仮にネットで仕入れた情報と仮定すると、情報ソースはクラシルかクックパッドのどっちかだと思われる。

 

cookpad.com

 

母は横浜出身の父と結婚をして私を産んだわけだが、崎陽軒の焼売が苦手らしい。

今日初めて知った事実。神奈川県民があれだけ愛している崎陽軒の焼売が口に合わないというのだ。

私も母も神奈川の人間ではないので、崎陽軒にお目にかける機会がなかなかないのだが、まさか「苦手」っていう人がいるだなんて思いもしなかった。

 

 

思い返してみると、点心系のおかずで焼売をチョイスすることはほとんどなかった。

弁当には入っているんだけど、食卓にはない。

春巻よりも登板回数は多いものの、ここ数年食卓で焼売を食べていないことをふと思い出した。

私自身は、ドラッグストア時代に冷食の焼売をお昼に買って食べていた。一人暮らし時もたまーに食べる程度。肉焼売も美味しいが実はエビ焼売派である。

 

 

 

実は焼売を作るのはとてつもなく面倒くさいらしく、特にお肉を混ぜる工程が嫌なのだと母は言う。

でも、はんぺんとカニカマなら手が出しやすいし無駄に手を汚さずに済むでしょ、ということで気になったそうな。

クックパッドのレシピを見るとあの星澤先生がご愛用のポリ袋を使ってあんを作っていたが、中身をお肉に変えればどうってことないんじゃないのと思ったのは秘密)

確かに、海鮮焼売を作るのであればお金も下処理も面倒くさい。それならどっちも元は海鮮を使っている庶民の味方2大食材を使えば美味しい海鮮焼売が食べれるってわけだ。

 

だったら味の素の焼売も買ってきて焼売パーティでもしたくなるよね。

…ということで、土曜の夕飯は焼売となりそうな気配。今のうちに梅酒を割るサイダーでも買っておこうかな。

 

シルバーアクセに愛を込めて

アクセサリーはあまり身につけることがありません。

デートや遠出する時にたまに身につける程度です。

 

私は普段、ジーパンルックというカジュアル100%コーデで過ごしているのですが、年齢も年齢ですから、そろそろ大人コーデにシフトチェンジしたいなと考えています。

4月末で今の仕事が契約満了になるので、(まだ決まってないけど)次の職場に着ていく服を確保しておきたいと思っています。

 

話をアクセに戻しましょう。

カジュアルコーデな私ですが「もうちょっとおしゃれな感じに見せたい!」と思う時はネックレスやブレスレットをすることがあります。

今持っているネックレスは殆どシルバーアクセ。ゴールドアクセも一個だけ持っていますが、あんまり似合わないです。

 

本当は少し長めのチェーンがいいのですが、女性物のネックレスは短めの物ばかり…

それでも、普段使いに適しているタイプのほうが好きなので、今持っているタイプもそれなりに気に入っています。

 

 

さり気ないアクセントになるデザインがとっても好き。

今のネックレスって、如何にもザ・宝石って感じのデザインが少ないんですね。

ハートデザインひとつ取っても、上品さが残っているというか。それでいて、普段使いとして使えそうな色合いで、親近感さえ湧いてきます。

 

個人的には、しまむらジャスコの専門店街の服屋などでよく売られている服とセットになった革紐ネックレスに手を出したいのですが、私が持ち合わせているボキャブラリーでは形容しがたいのでこの辺にしておきます。