きりのいいもの

商品やサービスを題材に、ちょっとしたエッセイや雑記っぽいものを書きます

【ゆるぼ】黄色ボールペンの使い道

4年くらい前から「文通村」というサービスを使って、全国の方々と手紙でやり取りしています。

 

www.fumibito.com

 

それまではあまり文具に愛着を持っていなかった私が雑貨屋の文具コーナーに行く楽しみを教えてくれたサービスでもあります。

おかげで文通用の色ペンが10本を超えました。

 

 

ドラッグストア時代、不良在庫や見切り品にかなり頭を悩まされたことがあって、自分で使うものは極力アウトレットコーナーから買うようにしています。

実は色ペンも処分価格で売られていようものなら「文通で使うし選択肢が広がるじゃん」と思ってつい何本か買ってしまうのです。

 

先日、職場近くの某イオンに寄ったときのこと。

文具コーナーでディズニーのレターセットが処分価格で売られているのを確認した後、他のところにもなんかないかなーと思い各テナントをまわりました。

テナントは書店と100均と雑貨屋が入っていて、前者二つは特に何もなくそのままウィンドウショッピングしました。

一方の雑貨屋さんは、小学生女子をメインターゲットにしているのか可愛い文具の品揃えが豊富にありました。交換ノートが売られているタイプのお店といえば分かるでしょうか?一度はみんなお世話になったであろう、あぁいうタイプのお店です。

 

 

当然ペンもレターセットも一定数は置いているわけで、それが無くなるとどこかしらで買うわけなのですが…やっぱり店中歩き回るとアウトレットコーナーはあるわけですよね、売れ残ったペンがたくさん売れ残っていました。

そんなわけで5本ほど買って昨日早速使ってみたのですが…1本だけめちゃくちゃ色が見づらいやつに当たってしまいました。

 

この手のアウトレット商品はインクが出なかったり残り少なかったりするパターンが多いのですが、単純に用途に困る色だったというのもあるわけで。いや、文通をする以上、色遊びもしたいんですよ。正直言って。

 

そう思って、黄色のボールペンを買ったわけなんですよね。

 

 

ところが、いざ便箋に書いてみると…

 

これがまた見えないんです!!!!(ガチです)

 

緑色の紙に書いてみましたが、案の定インクがかすれています。
ズームしてみたけど、肉眼ではマジで分かりません。

そもそもどうして透明がかった色をボールペンにしようと思ったのでしょうか。

紙によって向き不向きがあるのかは分かりませんが、色が付いていてもこれじゃあ意味ありません。

 

 

しかしながら、所詮処分品なので返品してもらえるわけもなく…

(店員さんから「こちら返品不可になりますがよろしいですかー?」と言われて買いました)

何とか黄色ボールペンを消費する道を探しています。

 

今やっているのは「メモのマス目に塗りつぶす」ことですね。

これがやってみると時間があっという間に過ぎまして、肉眼レベルで色が分かる境地に達します。

 

昨日はここまでやりました。

メモに使っても何書いてるかさっぱり分からないので文字書きには向いていないことは確かです。

皆さん、おすすめの使い道って何かありますか?

夏が来る前にバテた人は絶対一定数いるはず

何故なら私はバテたから!!(クソデカボイス)

 

東北北部はまだ梅雨明けしていませんが、湿気も相まって茹だるような暑さです。

(3日前に東北南部が梅雨明けしています。青森はいつ梅雨明けすんの

newsdig.tbs.co.jp

 

先程期日前投票を終えて、エアコンの力を借りて自室をくっそ涼しくしながらこのブログを書いています。

車移動なので当然車はホカホカの状態。ハンドルはさほど熱くありませんでしたが、もうちょっと気温が高くなると素手で持って運転するのが罰ゲームに思えてきます。

 

6月になると、早くも夏のフルーツがスーパーにお目見えします。先日は立派なすいかが入口にありました。

 

 

夏の食べ物について、早いところでは「5月末からもう解禁した」ご家庭もそこそこあるようです。同僚は5月中に冷やし中華を解禁したと話していました。

私も以前の記事で「ざる中華を始めた」と書いていたのを今思い出しました。

 

冷やしメニューで涼を感じられればまだいいのですが、個人的に一番求めているのはアイスクリームなんですよね。

ハーゲンダッツはついにジェラートに手を出してしまいました。

 

 

こんなん絶対売れるに決まってるやんと思いつつも、実はまだ食べていません。

チーズ味のアイスがどういう味がするのかあまりよく分からなくて、なんとなく好き嫌いが分かれそうな気がするんですよね。

スーパーカップのチーズケーキ味は食べたことあるんですが…まぁいちごとセットだから美味しいに決まってるか。

 

 

今月のチートデーは日曜日。しかもねぶた時期と重なります。

早く目標体重まで落としてアイス食べまくりたいです。落とせば食べられますから…

けんちんうどんはあなどれない

学校給食の麺メニューはソフト麺が一般的。

ですが、私の地域でソフト麺が登場したのは5年生からでした。

それまでの麺メニューは、汁物として出されるうどんでした。


park.ajinomoto.co.jp

 

「けんちんうどん」はその名のとおり、うどんにけんちん汁をぶっかけたものです。

とりまとめている給食センターでは、寸胴にうどんと汁を丸々入れていました。

今思うとなんでうどんだけは寸胴に入れていたんだろうと不思議でしょうがありませんでしたが、ぬるくて意外に水分を奪うソフト麺と比べるとすごく食べやすかったんですよね。熱々だったし。

野菜がたくさん入っている優しい味が大人気でした。もちろん美味しかったです。

 

時は流れて社会人。一人暮らしのお供には冷凍うどんが欠かせません。

 

 

野菜が摂れて低カロリーで満腹になる汁物は、けんちん汁か豚汁の二択。

どっちも作っていましたが、機会が多かったのはけんちん汁のほうでした。

 

 

けんちん汁って給料日前の金欠時にたくさんお腹に入れたいときに作って食べるイメージがあるんです。

材料も冷蔵庫の中にあるもの(ただし根菜類必須)で十分ですし、敢えてたくさん作っておくことでアレンジの応用が利くじゃないですか。(その発想のせいで太りました)

 

当時はけんちんうどんを意識せずに、ただうどんをチンして残ったけんちん汁を温めて食べていたなぁとしみじみ…給食メニューにあったことさえ忘れていました。

今ではけんちん汁こそ出ますが、けんちんうどんは出てきていませんね。給料入ったら冷凍うどんでも買って作ってみたさはあるかも。

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

打ったら戻る、真ん中へ!

Switch OnlineにNintendo64ソフトが遊べるようになってから早半年。

ちょうど64~ゲームキューブ世代なので、実際に遊んだものがチラホラ配信されています。

 

www.nintendo.co.jp

 

初期配信8作品の中で特に思い入れ深いのはこのゲームでした。

 

64自体はPS2に鞍替えしたいとこからもらいまして、地元のリサイクルショップで購入したものでした。

一人プレイでも結構楽しくて、トーナメントモードで遊びまくっていました。

 

でもやっぱり毎日同じゲームばっかりやっていると飽きが来るもので、自然とマリオテニスをしなくなっていきました。

それどころかトーナメントを進めれば進めるほどCPUが馬鹿みたいに強くなって、当然心はポッキリ折れました。

 

今のマリオテニスは各々必殺技が用意されていますが当時は純粋なテニスゲー。

コマンドとかはあると思いますが、基本AとBで打ち方が違うってくらいで、あとはプレイヤーの実力が試されます。

当然テニスなんてスポーツニュースでしか触れたことがありませんでしたから、基本すらも知らなかったです。(そりゃ負けるわ…)

 

マリオテニスといえばCMで連呼されていたあのフレーズに集約されますよね。

 

www.youtube.com

 

打ったら戻る、真ん中へ!

 

このフレーズを知ったのはマリオテニスはおろか64すらやらなくなった頃でした。

ゲームは好きですがそこまでゲーマーというわけではないので所詮下手の横好きなのでやっぱり久々にやりたい欲が高まるわけです。

ですがWiiをネットにつないだのは各インターネットサービスの終了寸前でしたし、WiiUは持ってすらいませんでした。バーチャルコンソールなんて夢のまた夢だったわけです。

 

ゲームがネットにつながれる時代、数々の名作がオンラインで配信されるようになったのはものすごいことだと思います。

ずっと前は移植版かリメイク版じゃないとやれなかったソフトが、今じゃ年払い4900円で数十種類のソフトが遊び放題ですからね。かがくのちからってすげー!▼

 

任天堂さん、次はマリオパーティ3とスマブラ64を配信してください!よろしくお願いします!!

 

 

埃っぽいと感じたらそれは掃除の合図

掃除をするのが嫌いです。

結構面倒くさいです。埃が原因で咳になったことさえあるのに、掃除機をかけることすらも嫌です。

 

ですが「なんか部屋中埃っぽくね?」と不快感を感じたら…それは、掃除をする合図です。

 

前回の記事で「エアコンのフィルター掃除した」と書きましたが、あの後フィルターから出たと思われる埃が原因で部屋が埃っぽくなりまして、nヶ月ぶりに床掃除を挙行しました。

 

本来であれば掃除機をかけるとかクイックルで拭くとかやればいいんでしょうけど、一回で終わらせたかったので最初からマイペットで雑巾拭きするという暴挙(?)を行いました。

 

 

 

実は部屋に100均で買ったウェットシートが2枚ほど残っているのですが、いずれも長く使っていないので事実上ドライシート。それでも、埃はキャッチしてくれるので役には立っています。

 

そういえば一人暮らしをしていた頃、家電量販店でとある掃除機を見た途端「これほしい!」と思った代物がありました。

今調べてみるとまだあるようでホッとしていますが、それはまた次の機会に書きますね。

修理も買い替えもリスキーすぎるから今こそエアコンを大切に

今週のお題「夏物出し」

 

エアコンクリーニングが大変な人気となっているそうです。

 

www3.nhk.or.jp

 

 

半導体不足の影響をモロに食らって、壊れてしまうと修理するのにかなり時間がかかります。

確か冬の時期で「ボイラー修理2ヶ月くらい待った」って話がありましたね。

 

www.fnn.jp

 

昨年ようやく自室のエアコンを新調したわけですが…実はまだ正しい試運転をしておりません。

「正しい試運転」って何?と思う方も多いと思いますが、シャープ公式さんがこのようなつぶやきを残しておられました。

 

 

ということで、たった今冷房18℃でエアコンをかけました。

(たった10分間とはいえ、気温が低いこの時期にやると秋並の寒さになってとてもつらい)

 

なぜ今になって正しい試運転をしているのかというと…単純な話、試運転なしでエアコンを使っていたからです。

この時点で今更試運転しても意味ないのではと勘ぐってしまうのですが、買ったばっかりだし副業内容的に室温を下げておく手段を確保しておかないとまずいので、やっぱり試運転はしたほうがいいかなと思いやってみました。

今のところ冷え具合は問題なし。風量も出ています。(あと3分…!!)

 

今使っている富士通ノクリアはお掃除機能付きなのですが、例えメーカーが「掃除不要」と謳っていても人の手によるエアコンクリーニングはやるべきなのだそうです。

先日フィルター掃除と内部クリーン(お掃除機能)を施しましたが、それはあくまで付け焼き刃に過ぎないだけで、メインの汚れはバッチリ付いている状態なのです。

 

 

一階のエアコンも同じノクリアなのですが、こちらは4年前に導入された代物です。

もちろん、エアコンクリーニングはやっていません。

最近は内部クリーン機能が働いていないような気がするので早くも寿命が差し迫っている感が否めませんが、今こそしっかりディープクレンジングをしてやりたいものです。

 

やろうと思えば自分でもやれそうな気がしますが、やっぱりそこはプロの手にお任せしたいですね!

(試運転終わった!お疲れ様でした!!)

豆乳と青汁で女の子の日をケアする

生理になった際、必ず豆乳を飲むようにしています。

 

 

イソフラボンが良い感じに作用して、ぐずつきやすい身体を労ってくれます。 本当は無調整豆乳が良いそうですが…飲みにくかったので調整豆乳に青汁を混ぜた豆乳青汁をガブガブ飲むことが多いです。

 

 

大学の頃、何故か必修科目だった体育の授業で他学部の女子から「2週間前に豆乳飲むと痩せるらしいよ!」と教えてもらったことがあります。

といっても、当時はルナルナを使っていませんでしたし、ましてや2週間前だと察知することすらできない有様でした。

なので、2週間とはいわず毎日豆乳を飲めばなんとかなりそうという根性論に帰結しました。なお、豆乳オンリーは無理だったので…青汁を混ぜて飲むという作戦でやってみることにしました。

 

青汁は買い慣れていたのと牛乳に混ぜると美味しいということを知っていたので豆乳でも問題なくイケるだろと思っていました。

でもこういうのって絶対飽きが来るし面倒くさがるんですよね。終いには豆乳を料理に使いだしたりバイト終わりのコンビニごはんの味を覚えたりすると、ガチで豆乳を飲まなくなります。

健康のために継続しようと思ったことが結局重荷になるパターンです。そしてついには豆乳を腐らせたことで「もうどうにでもなーれ」と諦めが付く結果となりました。

 

オンオフのメリハリが付いた生活になってから、私はまた青汁豆乳生活を始めました。

今度は生理期間オンリーに飲むことにしまして、嬉しいことにこれが今も続いています。

体重はなかなか落ちてくれませんが、将来の身体メンテナンス貯金になっていると思うとその味も格別です。

 

やっぱりガッツリ続けるよりもゆるく続けることに向いてますね、私は。