きりのいいもの

口コミを中心に書きます

サードオピニオンでやっと腑に落とすことができた

百日咳の後遺症なのか、喘息の症状なのかは分かりませんが、のどの違和感に苦しめられていました。

具体的には、声を張ると声枯れする、鼻水がのどに下がる、のどの奥の違和感、の3つです。

 

今日の午後、大学時代お世話になっていた耳鼻科に久々に受診しました。

症状と病院の診断を説明して「じゃあ、咽頭の様子を見ましょうか」と鼻から細長いカメラを挿入されました。

私は生まれてこの方胃カメラを経験したことがないのですが、奥に行けば行くほど苦しいものだというのがよく分かりました。

 

その状態になり、先生から「はい。じゃあ、エーって言ってごらん」と言われたので「エー」と数回出しました。程なくしてから「口で呼吸してくださーい」と言われ、カメラが抜かれました。抜かれるのが物凄く痛く、1時間くらい挿入された側の鼻とのどがヒリヒリしました。

 

検査の結果、声帯のひだの部分が肥大化していることが判明。何でも、声の仕事をしている人達がよくかかる症状なのだそうです。

普通であれば、ひだは自然と引っ込むそうなのですが、声帯を使いすぎると戻るものも戻らないそうです。

そして、気管支が少し炎症を起こしていたということで、炎症を治療することになりました。

ついでに、喘息の症状なども全て診てくれるそうです。ありがたや。

 

違和感に関して、きちんと原因を解明してくれる先生がいるとホッとしますよね。

目視だけじゃなくて、機器を使って調べてくれるあたり、患者と向き合っているんだなと思います。

 

【第3類医薬品】浅田飴AZうがい薬 100mL

【第3類医薬品】浅田飴AZうがい薬 100mL

  • 発売日: 2007/09/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

病院で出たお薬だけで完治できるならそれはそれでいいのですが、私の場合はのどと鼻がよわよわなので、日々のケアが欠かせません。

と言いながら、めんどくさがりな人間なので、やるとすれば外出後の手洗いうがいくらいです。

今年は、新型コロナウイルスという新しい病気が登場したので、マジもんの汚物消毒をしないとダメでした。そのため、いつも風邪を引いていた6月あたりは本当に引かなかったんです。

でも、夏から秋の変わり目でダウンしてしまいました。季節の変わり目に弱すぎたのです。

百日咳を早く治そうと、鼻うがいものどスプレーものど飴も全部試しました。

 

「痛くない」と書いていたけど全然使えなかった。痛すぎた。

鼻孔が固まっている人には難しい問題。

上手く行けば超気持ちいいんだろうけど…人を選びますね。