きりのいいもの

口コミを中心に書きます

漫画コーナーがある図書館って全国的に珍しいらしい

今週のお題「一気読みした漫画」

 

青森市民図書館には漫画コーナーがあります。

 

www.library.city.aomori.aomori.jp

 

たまに行くにしても、普通の書籍を読むことが殆どなので、昔ほど漫画を読まなくなりました。

 

高校の放課後、それも電車の待ち時間。

図書館で過ごすことが多かったです。

 

当時は今ほど小説やエッセイ等を読んでいませんでした。

その代わりにやっていたのは「文章の複写」です。天声人語書き写しノートとかありましたよね。

 

 

でも、特に目を輝かせていたのは…「漫画コーナー」です。

王道のジャンプ作品がズラリと並んでいました。

(今もあるのかな?)

 

記憶上のラインナップでは…

 

その他いろいろ。普通の図書館では考えられないくらいの豪華なラインナップです。

さすがに漫画喫茶ではないので、大きな本棚2個分のコーナーだったのですが、めちゃくちゃ人気でした。

 

その中でも、アニメから入って中途半端に視聴が終わって漫画で内容を読破した作品があります。

何かといいますと…

 

 

るろうに剣心」です。

普段は優男な剣心が、敵の前で剣を振るうとキリッとした表情になるギャップがたまりませんでした。

「元人斬り」という要素もあり、ズブズブと沼にハマりました。

 

元々はジャンプのキャラゲーで知ったるろ剣。そこから近所のゲオでDVDを借りて以降、原作漫画を買うくらい、大好きになりました。

 

このゲームで銀魂も知ったんですよねぇ…(銀魂についてはまた追々書きます)

 

 

これが

 

 

こうでしたからね…

 

ちなみにアニメ版は途中まで見ていました。でも、漫画でその後のストーリーを読みました。

そう!何を隠そう、青森市民図書館にるろうに剣心が全28巻置いてあったからなんです!!

 

アニメから入ったので、原作しかいないキャラとかがいてそれはそれで面白かったです。

てっきり志々雄真実がラスボスだと思ってたのに、さらなる強敵が現れたのはあまりにも衝撃すぎました。

まぁ、この手のパターンはジャンプのお家芸でもあるのですが…やっぱりワクワクするものです。

 

剣心vs志々雄もアニメではまだ見れてないんですよね…

アニメも途中までしか見ていないので、復習も兼ねてもう一度見ようかなぁと思っています。